クレジットカード決済代行会社の選び方

多くのクレジットカードのブランドに対応

お店を運営するとき、多くの支払い方法に対応する方が利用してもらいやすくなります。現金はわかりやすい支払い方法ですが、外国人などだとクレジットカードを使いたい人もいます。ただ小さいお店などでクレジットカード会社と直接決済の契約をするのは難しい部分もあり、なかなかクレジットカード決済を導入できないときもあります。その時に利用すると良いのがクレジットカード決済代行会社です。お店とクレジットカード会社の間に入って決済を行ってくれます。もし選ぶのであれば、多くのクレジットカードのブランドに対応しているところが良いでしょう。ブランドには日本発祥のものもあれば欧米発祥のものや中国発祥のものもあります。種類が多ければ多くの人の決済に対応できます。

手数料の決定方法の違いで選ぶ

インターネットショップの中にはたくさんの商品を扱っているところもあります。実際の運営者は経営者が一人の会社もあり、規模が小さいところもあるようです。それらの会社が支払い方法を増やすのであれば、クレジットカード決済代行会社を利用するのが効率的かもしれません。代行会社と契約をすると一定の手数料を支払う必要が出てきます。業者によって手数料の決定方法が異なるので、自社に合った業者を選ぶと良いでしょう。売上の変動が激しく安定しないのであれば、売上に対する割合で手数料が決まるところが良いでしょう。売上がゼロなら手数料もゼロです。一方将来的に大きな売り上げが得られそうなら手数料が固定になっている業者を選ぶようにしましょう。

コンビニの決済代行のサービスは、通販サイトの運営者の間で浸透しており、顧客側もカード払いや現金払いよりも融通が利きやすい方法のひとつとして人気があります。