コンビニ決済のデメリット

便利なコンビニだけれども!

ネットで購入した商品代金の支払や税金の支払いなどコンビニでの決済は便利なものです。二十四時間開いているコンビニを利用すればいつでも決済ができるのでメリットが多く見受けられるかもしれませんが、コンビニ決済には限定した方法でしか支払いができないという場合があります。例えば、コンビニでの決済にはクレジットカードは使用できないのが通常です。よくて独自発行しているポイントカードのポイントを決済に充てることができる程度です。よってクレジットカードでの決済をメインにしている人にはデメリットと感じることがあるはずです。また、ポイントで支払いができても、ポイントによる還元を受けることができないのも注意が必要です。

通販の代金支払いには気をつけよう!

コンビニでの決済を行うことができるのでネット通販や税金の支払いには便利ですが、注意したいことがあります。支払いがあってから反映されるまでに時間がかかる場合が多いです。場合によっては支払ってから実際に反映されるまで一週間以上かかることがあるなど急いでいる時には不便に感じることがあると思います。また、コンビニに設置された端末を操作して専用の伝票を発行してから決済が必要になる場合があり、この端末もコンビニによって違うので操作方法に戸惑う可能性があります。そうした点を踏まえた上でコンビニ決済を利用すると良いでしょう。デメリットに思うことでもメリットとして受けられる点を大いに活用するのが良いのではないでしょうか。