コンビニ決済代行会社の選び方

コンビニの系列店に注意しましょう

ネットショップには、遠方に住んでいる人も顧客にできるなど様々な魅力があります。一方、直接代金を受け取ることができないので支払い方法を検討しなくてはいけません。支払い方法の一つであるコンビニ決済は、クレジットカードを所有していない人でも利用できるので人気があります。コンビニ決済の場合、品物を発送する際に振込用紙を同封するということも可能です。利用者は、振込用紙をコンビニに持っていけば簡単に支払いを済ませることができます。ただし、コンビニ決済だからといって誰もが便利というわけではありません。利用者によっては、近くにコンビニがいくつもないという可能性もあります。特定の系列店を指定してしまうと、利用しにくいという人も出てきてしまうので注意が必要です。コンビニ決済を利用する時は、複数の系列店から利用者が支払う店を選べる様にしておきましょう。

手数料を忘れずにしましょう

コンビニ決済を利用すると、客側は品物が届いてから代金を支払う形になります。逆にネットショップ側は、代金を実際に受け取ることができるのは暫く経ってからなので注意が必要です。コンビニ決済代行会社が代金を受け取ってから、まとめて銀行口座等に振り込まれます。その際の振込手数料は、売り上げから引かれるので注意しましょう。また、コンビニ決済代行会社には別途サービス料を支払う必要があることも忘れてはいけません。ネットショップでコンビニ決済代行会社を利用する時は、様々な手数料も考慮して品物の値段を決めることが大切です。さらに、代行会社によってサービス料金は異なってきます。利用を申し込み時は、サービス料についてもしっかり確認しておいてください。