コンビニ決済のメリット

コンビニ決済は新しく生まれた決済方法の一つ

商品を購入するときの決済方法ですが、以前は現金とクレジットカードぐらいしかありませんでした。しかし、現在は多様な方法が存在し、消費者が自分に合ったものを選びやすくなっています。近年、登場した決済方法の中で代表的なものとして挙げられるのはコンビニ決済でしょう。商品購入後、支払いに必要な紙が送られてきて、それを持ってコンビニに行くと、レジで紙に印字されたバーコードが読み取られ、お金を払うというものです。また、コンビニに備えつけられた機械に番号を入力すると紙が発券され、それをレジに持って行って支払うという場合もあります。コンビニ決済は決済代行会社と呼ばれる業者のサービスであり、決済代行会社がコンビニを通じて客から代金を受け取り、そのあと、手数料を差し引いたお金をショップに納めるという形になっています。

客が好きなタイミングでお金を払うことができる

では、客からするとコンビニ決済を利用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。まず、最大のメリットとして挙げられるのがオンラインショップを利用した場合でも現金での支払いが可能という点です。オンラインショップはクレジットカードでしか支払いを受けつけていないところも少なくありませんが、その場合、クレジットカードを作れない人は利用できません。しかし、コンビニ決済であれば、小中学生でもお金を払うことができます。また、客が好きなタイミングで代金を支払えるのも大きなメリットの一つでしょう。たとえば、お金の持ち合わせがないときに短期間で売り切れ必至の商品が販売された場合、とりあえずコンビニ決済で注文し、後日、お金が入ったら代金を支払うといったことが可能です。